直接貿易と間接貿易と個人輸入

直接貿易と間接貿易と個人輸入

インターネットなどで、世界中の流通が広がり、個人輸入制度を利用する方も増えてきています。取り扱われる商品は化粧品やダイエット薬や勃起不全治療薬など多岐にわたっています。

 

直接貿易とは、海外のバイヤーと直接やり取りする方法です。ハードルとして言語の違いや、現地での人脈形成などが挙げられますが、個人輸入代行業を利用することで、簡単にクリアすることができます。シアリスなどの勃起不全治療薬を、業者を通すことで、簡単に注文できるようになってきました。

 

海外からの代金の回収などを一手に引き受けてくれるくすりエクスプレスでは、個人客が注文すると、製薬会社にオーダーデータを送信してくれます。その後の輸送手続きなどを執り行ってくれるので、簡単です。この制度を厳密に考えると、間接貿易と言えなくもありません。

 

注文者側も支払いは国内取引で行われているために、くすりエクスプレス側の回収リスクが少なくて済むのが長所でもあります。

 

このように個人輸入制度を利用することで、海外の品物が簡単に手に入るようになってきています。私もくすりエクスプレスを利用して個人輸入制度をしています。先日は毛生え薬であるプロペシアを購入しました。日本では手に似れるのが難しい商品も、個人輸入や、間接貿易を利用することで、簡単になりました。

輸出先を考える

輸出先を考える

商品を海外に販売したいと考えている方はとてもおおと思います。日本以上に市場が広がるので大きなビジネスチャンスであるでしょう。

 

しかし、相手先の情報を持っていないとやみくもに販路を広げても費用ばかりがかさみで成功する確率は極めて低くなります。

 

どんな商品が開いての市場に受けるのかを事前に調べておく必要があります。

 

まずは取り扱う商品を限定する必要があるでしょう。そのうえでその商品の特徴を理解することが必要です。そうしないと、商品を紹介することができないからです。次に海外市場調査をすることが重要です。

 

売ると決めた商品がその市場で受け入れられるか動画と言う点です。価格帯、競合品、消費者の所得、などは最低限知っておく必要があるでしょう。

 

そのあとに、相手国の輸出規制や販売規制を知る必要があります。国によっては輸出する品目に制限があることがあります。

 

品目にも基準が設けられていることもあるために、どの程度の質の商品なら取引可能なのかを知る必要があります。

 

最近増えているケースが商標権の問題です。商品名を安易につけていると、相手国で商標を侵害していることがあるのです。商標知的財産の侵害ということで訴訟を起こされることがあります。

 

これらの点はすべてクリアするのが輸出先を決める際の絶対条件です。

 

貿易に関する商標登録

貿易に関する商標登録

日本でも商標を登録して、自身の権利を守ろうとする動きが活発になってきています。海外でも日本以上に、権利を守ろうとする動きが大きく、貿易や個人輸入を検討する際にはクリアしておかなければならないハードルでもあります。

 

商標登録をする際には、該当国に対して直接出願する方法と、マドプロ出願といって、日本特許庁に出願して、国際事務局に加盟している国に対して一括で申し込む方法があります。

 

直接出願する際には、現地との個別の検討や競技ができるので、自由度の高い商標が使用することができます。国ごとに違いがあるために同じ商品でもA国では、AAという商品名B国ではAAという商品名が使用できないから、BBという所いう品名にするということができます。

 

デメリットとしては、国によっては、整備が遅れているところなどは特に、申請から承認までの時間が長いことが想定されます。また、実際に赴いて手続きするか、現地に代理人を立てる必要があるために、申請に対する費用がかさむ傾向があります。

 

マドプロ出願の場合には、窓口が日本国内にあるために、それほど費用をかけずに申請することができます。また、商品名に問題がなければ、マドリッド協定に加盟している100近い国に一度に商標が登録されるので、とても便利です。